読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害(Ⅱ型)ですよ。

自分がなるとは思っていなかった精神障害。今は病気受け入れ、できることからやっています。

自立支援医療受給者証と手帳が届きました


スポンサーリンク

 

自立支援の認定がおり、受給者証と上限額管理票が交付されました。

 

 

f:id:h-hino0722:20170413154501j:plain

 

2月27日に申請をしたので、今回は約1ヶ月で交付してもらうことができました。

 

通常、2カ月くらいかかりますと言われることが多いのではないでしょうか。

 

前の受給者証は他県で交付されたもので、病院と薬局のみを変更申請したにも関わらず、手元に来るのに約3ヶ月かかりました。

 

保険証が新しく国保に切り替わりましたので、変更も終わらせてきました。

 

毎週通院していると、病院代、薬代、交通費と結構な金額になってきます。

 

そのため、少しでも出費を抑えたいと悩みます。

 

ですので、公費負担によって病院と薬局の料金が1割になることは、とてもありがたいことです。

 

人に寄りますが、月の上限金額が決まっていることも助かります。

 

お金の心配が無くなる訳ではありませんが、金銭的な負担が減ることで少しでも悩みが減ったり、治療に専念することができれば良いなと思っています。

 

 

また、今回初めて精神障害者保険福祉手帳を申請しました。

 

f:id:h-hino0722:20170413155105j:plain

 

 

申請に関しては、主治医の先生に私の考えを伝え、納得いただいてから診断書を書いていただきました。

 

先生に話す前に、両親に手帳を取得したいと話したときは、反対されました。

 

こちらに関しては、今後書いていきたいと考えています。

 

私の場合の手帳と自立支援医療の申請について書きたいと思います。

 

申請関係の書類は自治体によって様式が異なるため、お近くの保健所や通っている病院の受付にお尋ねください。

 

精神障害者保健福祉手帳

 

精神障害者保険福祉手帳申請書 

f:id:h-hino0722:20170413164024j:plain

 

精神障害者保険福祉手帳用の診断書 ※3ヶ月以内のもの

f:id:h-hino0722:20170413164159j:plain

 

・写真(4×3㎝)

 

先生に診断書を書いてもらい、指定された大きさの写真を持って、窓口で申請書を記入します。

 

ただし、手帳を申し込めるのは、精神疾患初めて病院を受診してから6ヶ月以上経ってからです。現在受診している病院の前に通っていたところがあれば、合わせて6カ月以上になれば申請できます。

 

障害年金を受給していた場合、診断書の代わりに年金証書の写しでも申請可能です。

 

自立支援医療受給者証

 

自立支援医療(精神通院医療)申請書

f:id:h-hino0722:20170413164306j:plain

 

診断書(精神通院医療用) ※3カ月以内のもの

f:id:h-hino0722:20170413164333j:plain

 

 

世帯の所得等の状況

f:id:h-hino0722:20170413164354j:plain

 

同意書

f:id:h-hino0722:20170413164407j:plain

 

保険証の写し ※世帯全員分

 

1番肝心なことですが、自立支援を受けるためには指定された病院と薬局でなくてはなりません。

 

自立支援を今現在受けておらず、これから受けようと思っている方は、まず主治医の先生に相談されることをお薦めします(自分の病院が指定されているかご存知のはずなので)。

 

たくさん申請する書類がありますが、こちらも先生に診断書を書いてもらったら、世帯全員の健康保険証の写しを持って、窓口で申請書やその他の書類を記入します。

 

通っている病院名、薬局名、住所、電話番号は、申請書に記入しなければならないため、事前に調べておく必要があります。

病院によっては、診察券に住所が書いてなかったりしますのでお気をつけください。

 

世帯の所得状況は、いろいろ書かれていますが、職員の方が確認するので分かる範囲で記入すれば大丈夫です。私は分からないものはすべて「分からない」にしました。

 

私の場合、今年の1月1日はまだ他県に住民票があり、申請は2月にしたので、前に住んでいたところの住民税の証明書が必要でした。

住民票を移していなければ大丈夫ですが、ちょっとややこしい所なので、引っ越しされた方は役所の自立支援担当の部署に一度問い合わせた方がいいかと思います。

 

同意書は、保険証の写しがあれば窓口で記入すればいいと思います。

 

 

 

認定されたら、受給者証に記載された(申請書で記入した)医療機関でのみ医療費が1割負担になります。

  

自立支援を申し込んだ場合、認定されて受給者証を交付されるのは1~2カ月ほどかかりますが、有効期限は申請書を提出した日に遡りますので、早めの申請をお薦めします。

 

手帳と自立支援を同時に申し込む場合、手帳の診断書があれば自立支援の診断書は必要ありません。

手帳を障害年金の年金証書で申し込んだ場合は、自立支援の診断書が必要となります。

 

私の場合、障害年金を申請していますが、結果がまだ出ていないため、手帳用の診断書を先生に書いてもらい、その診断書で手帳と自立支援を一緒に申請しました。

 

上にも書きましたが、住んでいる場所によって様式が違うため、病院の受付や、お近くの保健所に確認をお願いいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コモモ

 

広告を非表示にする