読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害(Ⅱ型)ですよ。

自分がなるとは思っていなかった精神障害。今は病気受け入れ、できることからやっています。

今飲んでいる薬です


スポンサーリンク

 

私が服用している薬を書いていきます。

 

◆現在服用中の薬◆

 

炭酸リチウム 500mg × 2 朝・夕食後

 (気分安定薬

 

リフレックス(ミルタザピン) 30mg 夕食後

 (Nassa 抗うつ薬) 

 

ラミクタール(ラモトリギン) 25mg 夕食後

 (気分安定薬) 

 

グッドミンブロチゾラム) 0.5mg 寝る前

 (睡眠薬

 

の4種類です。

   

 

f:id:h-hino0722:20170407112533j:plain

 

炭酸リチウム 

気分の波を抑えてくれる気分安定薬です。

抗そう作用、抗うつ作用の両方を持つため、双極性障害に対するメインとなってくる薬です。

自殺を予防する効果も認められているそうです。

副作用として、リチウム中毒になる可能性があるため、定期的に血中濃度を測る必要があります。

私の場合は少しづつ増やしていき、先日3ヶ月経って1日1000mg(朝夕500mg)になりました。その間、だいたい月に1回血液検査をしています。

炭酸リチウムを処方される際、主治医からリチウム中毒の説明を聞いて、正直不安で怖かったのですが、主治医の指導のもと服薬すれば大きな問題はないと思います。

私は量が増えるたびに、腹痛と下痢に襲われます。

 

リフレックス(ミルタザピン)

ノルアドレナリンセロトニンを増やしてくれる抗うつ薬です。

眠りを深くしてくれる作用があります。

副作用として、太る人が多いそうです。

私もリフレックスを飲んでからは食欲が増し、病気になる前と比べて体重が10kg以上増えました。

外出や運動をしなかったことも体重増加の原因だと思いますが、知り合いの話では、リフレックスを飲んでいる人は、たいてい服のサイズが1~2サイズ大きくなるそうです。

太ってしまったことはショックですが、元気になったら少しづつ体を動かして体重を減らしたいと思います。

 

ラミクタール(ラモトリギン) 

抗うつ作用のある気分安定薬です。

そう状態、うつ状態の再発を予防してくれます。

副作用として、最悪の場合死に至る皮膚障害があります。

そのため、少しづつ薬の量を増やしていく必要があります。

私の場合、新しく追加されたので今は25mgですが、今後ゆっくり増やしていきます。

前の病院で200mgまで処方されたことがあり、こちらの薬も主治医の指導のもと服薬すれば大きな問題はないと思います。

この薬は独特の味がします。

 

グッドミンブロチゾラム

短時間型の睡眠薬です。

 

以上が今服用している薬です。

今年の1月に転院し、治療の方針が変更されました。 

以前は抗うつ薬中心でしたが、現在は気分安定薬中心に変わってきました。

 

 

◆以前服用していた薬◆

 

サインバルタ(デュロキセチン) 60mg 朝食後

 (SNRI 抗うつ薬

 

リフレックス(ミルタザピン) 45mg 夕食後

 (Nassa 抗うつ薬

 

ハルラックトリアゾラム) 0.5mg 就寝前

 (睡眠薬

 

ブロチゾラムODブロチゾラム) 0.5mg 就寝前

 (睡眠薬

 

セパゾン(クロキサゾラム) 2mg 頓服

 (抗不安薬

 

f:id:h-hino0722:20170407113344j:plain

 

超短時間型のトリアゾラムに、短時間型のブロチゾラム。そして眠りを深くするリフレックスを最大量と、睡眠に対して厚い処方でした。

 

現在は主治医と話し合った結果、睡眠時間は元気だったころと同程度取れれば良い

双極性障害は時に過眠の傾向があるそうです)

ことから、主治医の指導のもとトリアゾラムを失くし、リフレックスも45mg→30gに減薬しました。

その結果、睡眠時間が9時間から、元気だったころと同じくらいの6~7時間に変わってきました。

 少し寝足りないと感じることもありますが、日中に横になることもないのでしばらく様子を見ようと思います。

ラミクタールも今後増量していく予定なので、少しづつ外に出て行けるといいな、と考えています。

 

最後まで御覧いただきありがとうございました。 

 

コモモ

 

広告を非表示にする